ふるさと納税とは

ふるさと納税とは、地方自治体に寄付をすることで、あなたの税金が控除される制度です。これから、ふるさと納税の仕組みについて、かんたんに説明します。

ふるさと納税が大変な人気を呼んでいるのは、実質2000円の負担で豪華な返礼品がもらえるためです。

ここで、「実質2000円の負担で豪華な返礼品がもらえる」という意味は、「自己負担額2,000円以上が住民税・所得税の控除の対象になる」からです。

 

これを、年収600万円のAさんの例でご紹介します。

Aさんが支払う税金は、次のようになります。ポイントは2年間を通算して考えることです。

図をごらんください。

 

1年目:所得税・住民税

    ふるさと納税:68,000円

2年目:所得税・住民税 ー 66,000円(税額控除)


つまり、1年目はふるさと納税の分だけ多く支払いますが、2年目には所得税と住民税の合計額から控除が受けられるという仕組みです。

2年分を通算すると、差し引き2000円払うことになりますが、1年めに受け取る返礼品は、家電や牛肉など、2000円をはるかに上回ります。

返礼品があるので2年通せばオトク、というのがふるさと納税の仕組みです。
    ↓

© 2018 ふるさと納税 rss